両家の顔合わせに結婚指輪は必要?

「両家の顔合わせ」はどんなことをするの?

「両家の顔合わせ」に結婚指輪が必要かどうか説明する前に、そもそもどのようなイベントなのか確認しましょう。これは結婚する男女がお互いの両親に会ってもらうイベントで、男女がそれぞれの実家にあいさつに行ったあとに行われるのが通例です。両家の顔合わせを完了すると、男女の結婚が事実上決定したことになります。顔合わせの具体的な流れに明確な決まりはありませんが、出席者が飲食店に集まって、会話を通じて親どうしが自己紹介や男女の結婚の確認をします。出席者は新郎新婦となる男女とその両親が基本ですが、これも明確な決まりはありません。飲食店を会場にする場合、必ずしも高級店である必要はありません。落ち着いて会話ができるように個室を予約するとよいでしょう。

結婚指輪は用意したほうがいい?

すでにご紹介したように、両家の顔合わせに明確な決まりはありません。そのため、結婚指輪を用意するかどうかは結婚する男女が自由に決めてかまいません。両家の顔合わせで達成すべき目的は、男女の両親が対面して顔見知りになってもらうことです。結婚という良縁によって、両家が親戚関係になると確認することが最大の目的です。顔合わせの場で結婚指輪を披露する優先度はあまり高くないと考えてよいでしょう。結婚指輪の予算やデザインについて、男女で話し合っていることを話題に出すくらいは問題ありません。顔合わせの当日に結婚指輪を用意すべきか心配な場合は、あらかじめお互いの両親に確認しておくとよいでしょう。「指輪があったほうがよい」という結論になったなら、結婚指輪の注文を早めに行ってください。

ダイヤの指輪は土台となる金属の種類の他、ダイヤのカラット、クラリティ、カット、カラーが基準となって価格が変動します。

© Copyright Wedding Rings Ideas. All Rights Reserved.